いじめの本質と解決策

いじめ、ダメ絶対。

最近よく聞いたり聞かなかったりするキャッチコピーだ。

メディアの力は大きく、そのメディアのいじめ反対運動をもってしても学校社会からいじめがなくならないのは、メディア側も生徒側も学校運営側も何故いじめが悪なのかを理解できていないからだと思う。

今からあれこれ論じようとしている私があれこれ論じるほどの知識がなかったので、いじめが悪性であるかについて論ずる前に、いじめとは何かについて確認しておこうと思う。

こちらを見ると

①自分より弱い者に対して一方的である
②身体的・心理的な攻撃を継続的に加えている
③相手が深刻な苦痛を感じているもの。
※学校の内外を問わない。
が定義であるそうだ。

学校という無秩序地帯に明らかな弱者を放り込む行政にも責任があるんじゃないかと思うが、

それについての提案はまた今度にしておいて今回はいじめの本質について理解を深めようと思う。

 

小学校とは基本的に地域住民の子供を一つの学校におしこめて教育する施設であると思うが、

おしこめる際の基準がランダムである以上そのおしこめられた生徒の能力には上位下位がある。

 

クラス社会で上位と認められた生徒は下位の生徒に対して大人社会の道徳なら到底許されそうにない行いを働く事がどこの学校でも見受けられる。

上位の生徒は下位の生徒に大していじめ行為の自制ができないし、そもそも自制をする必要を感じない。

 

子供は俗世的な理性よりも本能のほうが強く、自分より劣っている下位の生徒を排他し、断絶に追い込もうとするのは生物としては当然に思える。

 

国家間でさえ利己的ないじめをするし、メディアだってスキャンダルをネタにいじめまくっている。

大人達は無理だけど子供はいじめをするなとは言えないだろう。

 

これらを大人が咎めるには、道徳的な事を無視して考えるしかないのではないだろうか。

学校運営はPTAの協力によって成り立っており、PTAの子供がいじめられる事態が起きれば学校運営に支障をきたす。

 

そう生徒に説明すればもし生徒がいじめを働こうとした時、自己の行いはPTAに対する間接的な暴挙で、それと関連して自己は学校運営の障害に成り得てしまうと考えられる。

 

大人の汚い部分を見せたくないのなら、先生にチクるという制度を廃止し、生徒による生徒の糾弾を認めるしかないと思う。

 

昔読んだ本にもあったが、ある環境での問題を外部から改善する事は難しく、一番望ましいのは環境に自浄能力を持たせる事である。

 

クラスないし学級に法廷を設け、生徒の意志で法を作らせる。

社会の多数決で作られた法には従う道理があり、従わないものに大して生徒機関は糾弾あるいは刑罰を施す義務と責任がなければならない。

 

法の概念を的確に学べるし、

ルールを守る道理を知れる。

 

子供とはある意味で大人よりも理屈を欲するのである。

コメントする