リーダーの本質

最近意識高い系の如く様々な活動を同時進行させ、

活動によってはリーダーをやらせてもらっていますが、これが中々うまくいきません。

自分も不愉快ですし、きっとメンバー側も快く思っていなかったことでしょう。

いろいろ活動をしてきましたが、かれこれチームを五つぐらい潰した気がします。

チームを五つぐらい潰した経験を元に言えることは、「リーダーは役割」だということです。

リーダーはメンバーの上にたってあれこれ指示をしていくものではなく、

チーム内にある役割のうちの一つだということです。

リーダーの役割とは、メンバーに指示をする 戦略を考える などではなく、

メンバーに対して「将来を保証する」ことだと思います。

チームのビジョンを説明し、保証する。

保証するから自分の考えた戦略を元にした指示に従ってくれ、

これがリーダーの本質だと思います。

こんなことを言っておりますが、現時点で筆者はかなり未熟です。

リーダーとはこうあるべきだ!から程遠い存在です。

リーダーの本質を意識しながらも、自分の言動には奢りがあり、ひどいときは中傷までします。

チームのビジョンから遠ざかる行いだと分かっていながらも、ついやってしまう、、、。

自重ができる良きリーダーになりたいものです。

コメントする